手書きよりも良い?CAD導入における利点とは


作業効率がアップする

手書きの場合、ミスした個所を消しゴムで消して書き直すという作業が求められます。消さなくてもいい部分まで消してしまう可能性があるのが、手書きのデメリットです。一度消えてしまったものは戻せないので、再び同じ線分を書き入れる作業が必要になります。修正を繰り返す過程での時間の消費が大きいのが、手書きの悩ましいポイントです。しかし、CADであれば、このデメリットを解消できます。CADはミスした個所の削除をパソコンが行ってくれるため、消しゴムで消すよりも時間が短縮されます。消さなくていい個所を消してしまった場合には、データを復元できるため、もう一度書き直すという作業は必要なくなります。この修正作業のスピードがアップすることによって、大幅に作業効率が上がります。

図面の管理と共有が行いやすい

手書きの場合は紙に図面を書くため、図面の共有が行いにくいという問題があります。紙の枚数が多いと、他社に図面を持ち運びにくいというデメリットもあるでしょう。CADの場合はそのようなデメリットがありません。図面データは全てパソコンに保存されているため、社内で共有しているフォルダに図面データを入れておけば誰でも図面を見ることが可能です。他社に図面データを送る際にも、メールにデータを添付するだけでいいので、情報の共有が行いやすいでしょう。

紙の図面では収納スペースが必要になり、図面を保存しておくスペースに限りがあります。CADはパソコンにデータを保存するため、室内のスペースを圧迫することがないというメリットが得られます。

まず、CADとは「Computer Aided Design」の略で、コンピュータを用いた設計支援ツールのことを指し、その中でも特に電気CADとは、制御盤の外形や電気回路図など、電気設計を効率よく行うための機能に優れたCADのことを指します。